Retreats (Japanese)



ヨーガと瞑想リトリート(合宿) in ヒマラヤ

2018年5月1日〜5月13日

 
数多くのヨガ修行者と聖者が集う北インド、聖なるヒマラヤの麓ガンジス河源流にほど近いウッタラカシにある、静かで眺めの良いアシュラムにてヨガと瞑想のリトリート合宿を開催します。昨年は日本人、アメリカ人、インド人、イスラエル人が参加したように、毎回このリトリートへの参加者は国際色豊かなグループとなります。太古からの豊かな自然が残るこの特別な場所で時間を過ごした後には、なぜ、スピリチュアルな成長を求める探求者がはるか昔からヒマラヤに引き寄せられて来たのか、自身の経験を通じて理解する事ができるでしょう。
 
 
リトリート・プログラム
 
• スワミ・プレマナンダ師のヴェーダンタ・フィロソフィー・クラス。リシケシ、ディヴァイン・ライフ・ソサイティ、スワミ・シヴァナンダの直弟子が、スワミ・シヴァナンダから直接受け継がれた教え、知恵や愛、喜びについて語ります。
• スワミ・ラマスワルパナンダ師のバガヴァッドギータクラス。ディヴァイン・ライフ・ソサイティの総長であったスワミ・チダナンダ、 側近の直弟子が、バガヴァッドギータの教えのエッセンスでもある奉仕と明け渡しに関するレクチャー。
• ガジャナナン先生による瞑想とアーサナクラス。 スワミ・ヴィシュヌデヴァナンダ(シヴァナンダヨーガ創始者)の直弟子ガジャナナン先生によるクラス。
• 母なるガンジス河の源、ヒマラヤの4大巡礼地一つでもあるガンゴートリーの訪問。
• スワミ・ヴィシュヌデヴァナンダ師が瞑想でたくさんの時間を過ごした洞窟の訪問。
• ガンジス河の畔にあるスワミ・シヴァナンダの小屋とマハ・サマディ神殿(聖者の墓地)や様々な聖なる場所への巡礼。
• ヒマラヤにあるガネーシャプール村への訪問。
• 年長僧侶、ヨガ修行者と共に行うサットサンガ。
• 新鮮でヘルシーな野菜、果物を使ったベジタリアンミール。
 
 
日程
 
インドでは予期せぬことが起こり得るため、予定通りに計画が進められないということがあります。それもインドの魅力のひとつといえるでしょう。旅行中は予定されたプログラムの急な変更などが考えられますので、変化に対しての順応な対応への準備もお願いいたします。
5月1日(火)早朝デリー到着、ホテル/アシュラムにてチェックイン、休憩
5月1日(火)午後 リシケシへ移動
5月2日(水)リシケシ訪問ーシヴァナンダアシュラム訪問、夕方のガンガアラティ(灯の儀式)
5月3日(木)ウッタラカシへ移動
5月4日(金)-12日(土)スワミ・プレマナンダ師とスワミ・ラマスワルパナンダ師とのウッタラカシでのリトリート
5月10日(木)聖なる地ガンジス河の源の近く、ガンゴトーリ訪問
5月12日(土)ウッタラカシでのリトリート最終日
5月13日(日)デリーへ移動  5月13日(日)深夜/5月14日(月)デリーから早朝出発    
 
リトリート代:(寄付)
 
12万円
含まれるもの:
インド・デリーからの移動代(タクシー、ジープ)、リトリート期間中の食事、宿泊、アシュラム滞在費*。
*アシュラムでの滞在費は通常無料で提供されていますので任意での寄付として支払います。
インドへの渡航代は含まれておりません。
インド・デリーでの現地集合となります。
英会話のできる参加者がボランティアとして通訳を務めます。
 
 
申し込みの締め切り
 
2018年 2月1日(期日をお守りください)
お支払い方法:
申し込みの際に前金として4万円をお支払ください。
2018年3月1日までに残金8万円をお支払下さい。
定員に限りがありますので、申し込みはなるべく早めにお済ませください。
ホームページのリトリートページにてお願いします。
 
申し込み、お問い合わせ:  
日本語でのお問い合わせ
パドマヴァティ雅子&竹原みちこ
UttarakashiGanga@gmail.com
 
 
英語でのお問い合わせ
ガジャナナン先生
VishnuYoga@gmail.com (メール)
詳細はホームページをご覧下さい。
 
 
オンラインでのお支払い(日本円)








 

Himalayas

Home | About Us | Class Recordings | Retreats | ヨータと瞑想リトリート
Sanskrit | Odissi Dance | Contact Us